「WEBデザイナーになれる気がしない…」と思っていたわたしがなれた理由

仕事

こんにちはライターのニカイドウです。

未経験から「一応」WEBデザイナーの仕事について6ヶ月たちました。

「一応」がつくのは最初イメージしていたWEBデザインの仕事とは少し違うためです。

わたしが最初イメージしていたWEBデザインの仕事のイメージは、
・さまざまな企業の公式サイトのデザインやコーディングをしていく
・最初はサイトのバナー制作などからしていくような感じ
をイメージしていました。

クライアントと打ち合わせしてWEBデザイン事務所で仕事をしていくような感じです。

最初に知ったWEBデザインや制作の仕事をしていた人たちが、フリーランスで上記のような仕事をしていたためこんなイメージを持っていました。

しかし実際に、今わたしがしているWEBデザインの仕事はECサイト・ネットショップの運営・管理などがメインです。

具体的には、担当しているネットショップ(楽天やYahoo!などのいわゆるモール系)の運営や商品ページの作成などです。
総合的にネットショップ内のページ作成や管理をしているため、デザイン以外の仕事もしています。
例えばデザイン以外にも、どうすればもっとお客さんが閲覧するか・購入していくか考えていくような仕事もありネットショップの店長のような感じです。

なので「一応」WEBデザイナーだとわたしは思っています。

しかし、今のECサイト仕事をしていて、徐々にスキルも身についてきていてやりがいも感じています。

正直、半年前の自分のデザインやコーディングスキル(PCスクールに数ヶ月通ったレベル)では、
最初イメージしていたようなデザイン事務所での仕事には就けなかったと思っています。
今の会社に就職できたのもかなり運がよかったと考えています。

未経験からWEBデザイナーやコーダーを目指す人の中には、
「絶対に一からサイトのデザインやコーディングをしていくようなクリエイティブな仕事をしたい!」
という人もいると思います。
そういうのを目指している人もいてすごいと思います。

しかしわたしの場合、
転職のためにwebデザイナーをとり巻く環境を調べて
・すでにWEBデザイナー自体が飽和気味
・コーディングの仕事は近い将来AIが担うようになると言われている
・求人によってはかなりブラックなもの(残業が80~100時間越など)もある

など業界の様子を知るほどやっていけるのか不安になりました。

未経験からわたしと同じようにWEBデザイナーの仕事がしたいけれど、なかなか思うように就活・転職が進まない人もいると思います。

今回は、半年経過して
自信がなかったわたしでも今のWEBデザインの仕事に就職できた理由を書いていきます。

WEBデザインの仕事がしたいけれど、
自信を持てなかったり、不安に感じている人たちに、
わたしの感じたことや経験したことでこんな仕事ややり方もあるんだと役立てばうれしいです。

こんな人におすすめ
・未経験からwebデザイナーやwebサイト運営関係の仕事を目指している人
・現在webデザイン・ECサイト関係の勉強をしている人
・webデザイン関係の仕事に興味がある人

PCスクールに通った程度のデザイン力だけでは就職できない

まずWEBデザインの仕事に未経験から転職しようとして感じたことは、「PCスクールに通った程度のデザイン力だけでは就職が難しい」でした。
(ちなみにPCスクールの授業を全て終えた直後のわたしのスキルはなんとかポートフォリオを作ることができたレベルです…。今では色々怖くて初代ポートフォリオ開けないです…。笑)

というのもwebデザイナーの中には、
・デザイン系の大学・専門学校で年単位で学んで就職している人たち
・すでに何年も仕事をしていて様々なスキルを身につけている人たち
など転職でも即戦力になるような人材が多く、
さらにwebデザイナー自体も飽和状態だと知ったためです。

また今の会社(webデザインの仕事にも関われる仕事)に就職できた理由が、
・運がよかった(たまたま自分が就活していた時期に会社が求人を出していた。)
・面接が実技より人柄重視で今のチームに向いていると思われたから。
・数ヶ月だけ派遣社員でWEBデザインの仕事をしていたことがよかった。
など、
実技はほぼ期待されていない代わりに、
今後スキルを身につけて戦力になってもらうような人材を探していたことを後から知ったからです。

特に3つ目の「数ヶ月だけ派遣社員でWEBデザインの仕事をしていた」ことも、
元は自分で就活期間を決めて、期間内に正社員で仕事を探したけれど内定が出なかったため「とりあえず実務経験をつむため」派遣社員から入ったという理由でした。
(アルバイトのwebデザイナーの求人も面接で落ちていました。)

転職活動中webデザイナー未経験でも応募可の求人に募集していました。
しかし、面接に言って話を聞くと実際は事務作業中心みたいなこともよくありました。

未経験からだとまずアルバイトや派遣社員から入って実務経験を積み正社員になりより活躍していく…というのが、
webデザインの業界では通例のような感じでした。

そのため何回も面接に落ちたり、様々なwebデザイン関係の求人を調べていくうちに
「未経験の自分のスキルレベルではやみくもにwebデザイナーの求人に応募しても難しい」と感じ、
どうすれば自分の希望に近い会社に就職できるか考えるようになっていきました。

自信はない…でも行動に移したことがよかった

上記でも書きましたが、今の会社に就職する前に
数ヶ月だけ別の会社で派遣社員でWEBデザインの仕事をしていたことが
今の会社で内定を貰えた理由の一つでした。

ただ、この派遣社員でしていたwebデザインの仕事もECサイト・ネットショップ関係のデザインの仕事でした。
なので最初イメージしていたwebデザインの仕事とは少し違う仕事内容でした。

しかし、「まずは実務経験を積もう」と決めてECサイト関係のWEBデザインの仕事をすることを決めてました。

まず実務経験を積もうと考えたのは、
webデザイナーの求人によく記載されているようなスキル(Photoshopの実務使用~年以上などです)を
早く積んだ方が転職しやすくなるはずだと考えたからです。

他の未経験からwebデザイナーになった人たちのSNSやブログなどでも、
「実務経験を早く積んでしまう方が自分のスキルアップにもつながる」と書かれていたことにも後押しされました。

働く前は、わたしが最初イメージしていたようなデザイン事務所で働くような仕事ではなく
ちゃんとスキルを身につけられるか不安に思うこともありました。

しかし、実際に仕事で今までPCスクールで勉強してきたスキルを使ったり、
スクールだけでは学びきれていなかったことも仕事で覚えていくことができました。

また、派遣でネットショップやモール系のサイトに触れたことがきっかけで、
「より商品が売れるようにデザインを考えていくこと」
「手にとって商品を見れないため画像やテキストのみでどれだけ正確にユーザーに必要な情報を届けていくかを考えていくこと」
を考えるネットショップ関係のwebデザインの仕事にも興味を持つようになりました。

派遣でのECサイトの仕事は会社都合で予定より短期で契約終了になってしまいました。

しかし「未経験だったけど仕事が見つかって達成できた」ことがまず自信になり、
派遣での仕事経験が今の会社でも活かせるとされて内定が出た理由の一つになりました。

派遣でのWEBデザインの仕事を始める前は、
・スクールに通っていた時より自分の立ち位置(未経験での求人の少なさなど)が分かりWEBデザインのスキルには自信がない
・雇用が安定しない(実際短期で契約終了だったり…)ことも不安
など、転職自体はじめてで色々と自信はないし不安な気持ちでした。

しかし、「まずはWEBデザイナーになるためにもスキルが身につく仕事を見つけて働こう!」と決めて動いたことが自分の自信にも繋がりました。

PCスクールのカリキュラムを終えた時点でのわたしのスキルは、
本当に基礎的なことだけを勉強しただけで色々と準備不足な状態でした。

しかし、転職活動をしながら自分に足りないものをどんどん足していくように行動したことがよかったと考えています。

未経験からのWEBデザイナーの転職で、
なかなか自分の思うような仕事を見つけられない方や自分のスキル不足を感じて不安になっている方もまずはスキルアップのために働くことが近道かもしれません。